別居するその前に

別居するその前に

離婚を決意してから、離婚の準備期間として別居をされる方が少なくありません。そして、別居されてから弁護士事務所へ相談に来られる方が多いのも事実です。一度別居してしまうと、別居前であれば容易に把握できた有利な事情も把握し難くなります。ここでは、別居するその前に把握しておきたいことをいくつか紹介します。

離婚に向けて話し合うべきお金の問題のページでは財産分与について紹介しました。財産分与をするにあたっては、夫婦共有財産の把握が必要になります。これは別居の前後で把握の難易度が異なりますので、別居前に把握するように努めましょう。弊所に相談して下さる女性の方は、夫に家計管理を任せていたので夫の財産を把握していない。という方が多いです。また実際そういった女性が多いのも事実でしょう。そのような方は特に別居前に夫婦共有財産を洗い出すのがよいです。では順にどのように把握するか見てみましょう。

相手方の収入

これは相手方がサラリーマンの場合は源泉徴収票、自営業者の場合は確定申告書の控えなどから把握できますので、コピーをとっておくとよいでしょう。携帯電話のカメラ等で撮影する方法でも問題ありません。

預貯金

これは、家族全員分のものを把握しておきましょう。可能であれば見開きのページをコピーしておくとよいでしょう。特に給与振込口座を把握しておくと、離婚後、養育費の不払いがあった際に差押え財産として有力な候補になるでしょう。

不動産

持ち家の場合、売却価格が残ローンを上回れば、財産分与の対象になります。そのため、不動産を購入した際の売買契約書、銀行で住宅ローンを組んだ際の金銭消費貸借契約書、返済予定表があればコピーしておきましょう。また登記識別情報通知(いわゆる権利証)もコピーしておくのがよいですが、名義が相手方の場合は無断で登記識別情報通知に付されているシールを剥がすのは控えたほうがよいです。シールがついたままでよいのでコピーしておきましょう。さらに、余力があればいくつかの不動産会社に査定してもらい最高価格を把握するようにしましょう。

保険関係

保険証書をコピーしましょう。その際、保険会社、保険の種類、契約者、受取人、保険料、満期、解約返戻金の有無などを併せて調べておきましょう。

有価証券

株式などの有価証券も分与の対象となります。証書などをコピーして銘柄、口数、購入価格、時価などを確認しましょう。もっとも、最近はネット証券会社の普及により証書がない場合も多いです。このような場合は日常の生活の中でそれとなく相手に聞き出したり、相手の話を注意深く聞くようにしてみてください。得てして株式取引などをする方は配偶者にその内容を話したがるものです。普段の会話の中にヒントが隠れているはずです。

借金(ローン)

借金(ローン)は財産分与の際、プラスの財産から借金を引いた分が分与の対象になることから、これも正確に把握しておく必要があります。毎月金融機関から送られてくる明細表などをコピーして残高を把握するようにしましょう。

不貞を証明する証拠

ここでは話題を変えて、夫婦共有財産同様、別居後は収集しにくい不貞を証明する証拠について少しだけ紹介します。詳細はまたの機会に紹介します。

SNSなど通話アプリ

法的に勝手に相手方の携帯の中身を覗き見てその内容を証言したり、写真を撮ったりすることは証拠として機能しない場合があると言われますが、悪質性が弱い場合は十分証拠となり得ます。気が引けるかもしれませんが、適宜の方法で証拠は保全しておきましょう。

写真フォルダ内の写真

これも上記と同様の問題が生じ得ますが、不貞を疑わせるような写真があれば適宜の方法で証拠保全しましょう。

まとめ

このページでは、夫婦共有財産の把握と不貞を証明する証拠については別居前に収集しましょうと述べてきました。これらはいずれも別居してしまうと相手が任意に開示してくれる可能性は低く、把握せずに別居を始めてしまうと、財産を隠されたり、証拠を隠滅され、本来請求できるはずの額の財産分与ができなかったり、不貞慰謝料の請求ができない事態に陥るおそれがあります。一刻も早く別居してしまいたい気持ちも十分に分かりますが、まずは冷静になり、必要な情報を収集するようにしましょう。詳細を知りたいという方はお気軽に弊所へお問合せ下さい。

PAGE TOP