はなぞの綜合法律事務所の想い

はなぞの綜合法律事務所の想い

このホームページをご覧になっているということは、もしかすると、貴方(貴社)は今、何か問題を抱えているのかもしれません。

その悩みは、例えば親の介護の問題、交通事故に遭ってしまったけれど保険会社の態度が硬直的で話が進まない、夫婦間の問題、職場を退職したいがなかなか辞めさせてもらえない、借金問題、親しい人が逮捕された、労使関係のトラブル…等、それこそ十人十色であり、誰しもその悩みの内容によっては、家族や友人等の身近な人にさえ相談できず、独り思い悩んでしまったということがあるものでしょう。

しかし、思い悩んでも問題解決の糸口が見つからず、時間ばかりが経過し、問題はさらに大きく複雑になってしまう。

そして、独りではどうしようもなくなり、「最終的に」弁護士に相談することになる。

残念ながらこのようなことはよくあることです。

一般に弁護士を利用するということは敷居が高く、世間一般の弁護士のイメージ(冷たそう、費用が高そう…等)から弁護士を利用するのは「最終手段」となってしまうことも十分に理解できます。

しかし、私達は大きく膨らんだ問題とそれに悩む依頼者の方を前にしてこう思うのです。

「なぜ、ここまで問題が大きくなる前に相談してくれなかったのか。もっと早くに相談してくれてさえいれば、より良い解決策を示し実現できたのに…」と。

これは弁護士として大変心苦しいことです。

しかし、弁護士の敷居の高さや、世間一般の弁護士に対するイメージがこのような事態を生み出しているのであれば、このような事態を解決するのも弁護士だと考えます。

 また、実際上の問題として、多くの弁護士は裁判所近辺に事務所を構えており、このことも弁護士を利用したい方のアクセスを妨げています。

弁護士はアクセスが容易かつ可能であって初めてその存在意義が認められます。

当事務所はまず、利用者のアクセスの利便性を図るべく弁護士人口が不十分な地域である東大阪に弁護士事務所を設立することにしました。

次に、当事務所は相談の際、相談者の声を遮ることなく徹底的に耳を傾け、その後、一緒にどのように解決していくかを検討するように心がけております。

さらに、費用面の負担を減らすべく初回相談は30分間無料とさせていただいております。

これらのことにより、少しでも弁護士を利用することの敷居を下げられればと考えております。

例えば「これは弁護士に相談する問題かな」と疑問に思った時は、問題が大きくなる前にためらわずに、はなぞの綜合法律事務所に連絡してみてください。それが弁護士の職域に関する問題でなくとも、豊富な社会経験や常識に裏付けられた経験則から適切なアドバイスを提供することができるかもしれません。そして、実際にそのようにして直ちに悩みから解放されたという事例も数多くあります。 そして、事案の内容に関係なく何でも「裁判だ!」と話を進めるのが弁護士の仕事ではありません。依頼者にとって一番負担が少なくベストであると考える方法を示すのが弁護士の仕事です。どうぞ、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP