コロナと本人確認情報(この記事は約2分で読むことができます。)

地域の皆様、いつもお世話になっております。はなぞの綜合法律事務所の弁護士丸山です。最近やはり、新型コロナ禍の影響を受けた方からの相談が相次いでおり、厳しい現状であることを日々痛感しております。しかし、そこに困っている人がいるのであれば何とかできないかと考えてしまうのが弁護士の性分です。自らがコロナに感染するリスクを徹底的に回避しつつ、問題に対応していこうと改めて思います。

さて、弊所では初回法律相談の際に、本人確認情報として公的身分証明書の提示をお願いしています。代表的なものは運転免許証が考えられますね。

ところで、運転免許証を確認させていただくと、免許証の有効期限が「平成32年」となっているものが少なくなく、平成32年が令和2年であることに気づいておられない方が多いのです。

そういった方に「免許証、今年更新ですね。」と指摘させていただくと「え??あッ!」となります。それだけならまだしも「あ…更新期限切れてる…」と気づき「今日は何で弊所まで来られましたか?」と恐る恐る確認することもしばしば…幸い、いわゆる「うっかり失効」の状態でお車で弊所に来られた方は今のところおられませんでした。

さて、警察庁によれば、「新型コロナウイルス感染症への対応」として上記のように「免許証の更新期限が過ぎてしまいそうな方」「免許証の更新期限を過ぎてしまった方」に対する運転免許証の有効期限の延長措置が講じられております。

詳しくはこちら

弊所では本人確認の際に、しばしば、上記措置をお伝えすることがあったので、本ブログにてご紹介させていただきました。

ご参考までに。

「はなぞの綜合法律事務所は東大阪の地域密着型の法律事務所です。」

#東大阪 #弁護士 #河内花園 #東花園 #はなぞの綜合法律事務所 #コロナ #運転免許証 #本人確認

関連記事

  1. 多忙の折に湊屋藤助(この記事は約1分で読むことができます。)
  2. オンライン○○(この記事は約4分で読むことができます。)
  3. 「ふっかける」弁護士(この記事は2分で読むことができます。)
  4. 弁護士業務時々司法書士業務(この記事は約2分で読むことができます…
  5. 弁護士事務所の強み(この記事は約3分で読めます。)
  6. 旧友から…(この記事は1分で読むことができます。)
  7. 法律相談の効果(この記事は約3分で読むことができます。)
  8. ブログを始めたいと思います。(この記事は約3分で読むことができま…
PAGE TOP