婚姻費用とは(この記事は約4分で読むことができます。)

地域の皆様、お世話になっております。はなぞの綜合法律事務所です。

本日、弊所のポストに、先日送付した電子内容証明の謄本についての不在票が入っていたので、不在票をもって郵便局に立ち寄ると、窓口は超三密状態でした。

土曜日なので、窓口は一部しか開いておらず、狭い空間に行列ができていました。これはまずいと思い、一度退局し、混雑が終息してから郵便物を受け取りました。

一部ショッピングモールやニトリでは年末レベルの混雑となっているとの報道もあり、様々なご意見あるかと思いますが、さすがにニトリに向かうことは不要不急ではないでしょうか。テレワークのためのインテリアが必要とか?長きに亘って右肩上がりで成長し続けている企業なだけに、このような状況下においては然るべき対応をとっていただきたいものです。

さて、今回は婚姻費用について少し触れてみます。

婚姻費用とは、夫婦が婚姻することにより同居し、共同生活を営み、これを維持するために必要となる費用の事を言います。ありていに言えば「結婚生活を継続するのにかかるお金」のことです。この費用については、夫婦間に合意がされていると考えられます。

例えば、夫(又は妻)が大黒柱として夫婦の主な生活費を得て、妻(又は夫)は補助的にパートタイムで働く等の場合、こうした生活をすることについて合意があるということになります。

この費用に関しては、夫婦関係が円満にいっている間は特に問題となることはないでしょう。

問題は夫婦関係が不和になり、別居に至った場合に、収入が少ない妻(又は夫)は、別居後の生活資金に困ることになります。

このような場合に収入が少ない方が多い方に対して、生活資金の支払いを求めていくことができるか、できるとしてその額は幾らか、いつから支払ってもらえるのか等について争われることが多いです

以後、何回かに分けて婚姻費用についての記事を書いていきたいと思いますので、お時間が許せば、お付き合い下さい。

今日は戴いた観葉植物(パキラ)を事務所メンバーに迎えました。緑があると雰囲気が和やかになってとても良いです。

「はなぞの綜合法律事務所は東大阪の地域密着型の法律事務所です。」

#河内花園 #東花園 #東大阪 #弁護士 #法律事務所 #離婚 #婚姻費用 #養育費 #離婚調停

関連記事

  1. コロナ禍と住宅ローン①(この記事は約3分で読むことができます。)…
  2. 情報商材被害・詐欺(この記事は約3分で読むことができます。)
  3. 婚姻費用の発生時期(この記事は約4分で読むことができます。)
  4. 相続人の特定(この記事は約5分で読むことができます。
  5. それって本当に相続?(この記事は約4分で読むことができます。)
  6. コロナ禍と住宅ローン③(この記事は約5分で読むことができます。)…
  7. 法定相続人【基本編】(この記事は約5分で読むことができます。)
  8. 内容証明郵便を受け取ってもらえない場合(この記事は約6分で読むこ…
PAGE TOP